辞表

辞表の書式指南

昔はある意味牧歌的だったのかもしれません。
「寿」退社の辞表を出して、結婚式の席には元上司なども招待してスピーチをお願いする。
結婚式ですから、どんなに歯の浮くような話をして、褒めちぎってもよいのです。
さあ、ふたりで手を取り合って、マイカーやマイホームを我がものとし、子どもを大学まで進学させることを目指して頑張るぞう。
そして旦那は会社に忠誠を誓い、どんな不条理なめにあっても、家族のために歯を食いしばって定年まで頑張ってもらう。
そこには、美しも悲しい終身雇用制があるわけです。

ところが。
時代は変わりました。
オイルショック、バブル経済、バブル崩壊ときて、阪神大震災、オウム、9.11。
ミスチルじゃないけれど「何が起こっても変じゃない」そんな時代です。
いまや就業者の1/3は非正社員。
転職はあたりまえ。
ためしに就職して様子を見て転職する(もしかして結婚もそうか?)。
欧米の話だと思っていた人員整理はわが国でも日常茶飯事。
明日から工場がなくなる。
気がついたら会社が外資系になっている。

さあそこでです。
こんな時代を乗り切り、自分らしい人生を歩むために、よい転職をしたい。
そんな皆さんお集まりください。
決意して「辞表」を書くところからスタートです。
「退職届」と「退職願」はどう違うの?どんな書式がいいの?どっかにサンプルはないか。
「辞表」の出し方から「撤回」まで、懇切丁寧にお教えします。
潮目が変わった、転職のチャンスかも。
円満に退職して有給消化、ローマの休日としゃれてみようか。
厳しい現実はそれはそれ。
ふざけはしないけれど、自己肯定的に生きていきましょう。
リラックスして勉強してください。